【ソフトバンク】柳田悠岐、延期となった東京五輪での侍入りへ「全部出て、キャリアハイなら呼ばれる」

2軍の残留練習に参加した柳田
2軍の残留練習に参加した柳田

 ソフトバンク・柳田悠岐外野手(31)が25日、延期となった東京五輪出場に向け、今季の「全試合出場&キャリアハイ」を自らに課した。福岡・筑後市内のファーム施設で、2軍の残留練習に参加。「(延期は)残念ではありますが、仕方がない。未来のことは分からないので」と肩を落としたが、出場への意欲を改めて口にした。「全部出て、キャリアハイなら呼ばれる、いけると思う」と力を込めた。

 昨年は4月に左膝裏腱(けん)を断裂し、出場はわずか38試合。打率2割8分9厘、7本塁打、23打点と不本意な成績に終わっただけに、今季にかける思いは強い。打率3割6分3厘(15年)、36本塁打、102打点(ともに18年)のすべてを更新。誰しもが認める結果を残し、18年オフの日米野球以来のジャパンのユニホームに袖を通すつもりだ。

 オフに右肘を手術したが、2軍でマイペース調整を続けたことが奏功し「状態はいい」と開幕ダッシュに自信。五輪が延期されたことで来年はWBCと2度、世界一になるチャンスがある。侍入りへ、最高のパフォーマンスで自らの力を示す。(戸田 和彦)

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請