【巨人】北村「しっかり打ちにいけた結果」適時打&足でも魅せた

7回1死二塁、北村は先制の適時二塁打を放つ
7回1死二塁、北村は先制の適時二塁打を放つ

◆練習試合 中日1―2巨人(25日・ナゴヤドーム)

 快音を残した北村の打球が左翼手の頭上を越えた。「しっかり打ちにいけた結果だと思います」。7回1死二塁で中日・ゴンサレスの初球、外角のスライダーをはじき返し、先制の適時二塁打を放った。

 出塁した後も積極果敢な姿勢を見せた。続く炭谷は三ゴロ。一塁への送球間に二塁走者の北村が三塁を狙う好走塁も披露した。最後はヘッドスライディングで塁に到達。気迫あふれるプレーでチームをもり立てた。

 二塁手の筆頭候補の吉川尚が腰の張りで大事を取って24、25日の中日戦(ナゴヤD)には同行せず。代わって北村がこの2試合、二塁でスタメン出場した。24日は無安打に終わっただけに、アピールに燃えていた。

 原監督は「彼はファーストもセカンドも内野を守れるのは非常に大きいですね」と守備でのユーティリティー性も評価した。外野も守ることができ、昨季イースタンでは4割1分4厘で最高出塁率のタイトルを受賞。「アピールを続けなければいけない立場、続けていきたい」と北村。ライバルたちとの戦いに負けるつもりはない。(小林 圭太)

巨人

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請