Jリーグ段階的に再開目指す 賞金など減額し中断資金捻出へ

Jリーグ村井 満チェアマン
Jリーグ村井 満チェアマン

 新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、公式戦を中断しているJリーグは25日、ウェブでの臨時実行委員会を開き、中断期間の延期と4月下旬にJ3から段階的に再開を目指すことを決めた。J3は4月25日、J2は5月2日、J1は同9日の再開に向けて準備を進めていく。再開後は、アウェーサポーターの来場自粛を要請する考えだ。

 中断期間延期を決めた理由は主に2つ。日本野球機構(NPB)と設置した「新型コロナウイルス対策連絡会議」の専門家チームから、4月下旬まで再開は難しいとの答申があったこと。そして、スタジアムに備える検温用のサーモメーター450台の調達が、4月18日になること。村井満チェアマンは「4月3日を目標としてきたが、延期する」と話した。

 会議では再開後、観戦に条件をつける案が出た。アウェーサポーターに来場自粛を要請し、観戦席の両隣、前後を空ける。チケット販売はスタジアム収容率の50%とし、感染拡大を助長する「密接」「密集」の環境を極力作らないように努力する。また、運営にかかわるスタッフ用に7万枚(14節分)のマスクのほか、アルコール消毒液を調達し、再開への準備を進める。

 「状況は刻々と変わる。予断を許さない。政府、行政庁、ホームタウンから自粛の要請は即座に従いたい。その場合は無観客(試合)、日程変更も考えたい。柔軟な対応を(各クラブと)申し合わせました」と村井チェアマン。中断期間は2か月を超え、収束も見えない中でも、再開へ向けた準備を進めていく。

 ○…Jリーグの村井チェアマンは、新型コロナウイルス感染拡大による中断で必要となる資金を、リーグ戦上位に与えられる賞金、強化理念配分金を減額、もしくは廃止して捻出する可能性を示した。「公平性を阻害してでも試合を行う、というイレギュラーなシーズンと言えますので、賞金、もしくは理念強化配分金もそうした原資となる可能性もあります」。また、経営難に陥るクラブを想定し、新たな融資制度を設ける考えを明かした。

サッカー

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請