舛添要一氏、小池都知事の不要不急の外出自粛要請に「1週間遅い」「都市封鎖という言葉を軽々に使ってはならない。正しく恐れよ」

舛添要一氏
舛添要一氏

 元厚労相で前東京都知事の舛添要一氏(71)が25日、自身のツイッターを更新。小池百合子東京都知事(67)がこの日の会見で、今週末の不要不急の外出を自粛する事を要請したことに、見解を示した。

 舛添氏は小池知事の氏の会見について「小池都知事は今週末に不要不急の外出自粛を要請。1週間遅い。私は20日の段階で『鈍感』だと指摘していた。3連休の人出は多かった。一方、感染者41人増と言っても、病院関係者11人や海外渡航者5人と感染源不明者10人は分けて考えるべきで、都市封鎖という言葉を軽々に使ってはならない。正しく恐れよ」とつづった。

 また、自身が21日に投稿した「東京都では、20日、11人の新型コロナウイルス感染を確認。1例目が1月24日、これまで129人が感染したが、その3割の39人が17日以降の4日間である。今後、爆発的に感染が拡大する恐れがある。しかし、小池都知事をはじめ、都庁からは何の警戒シグナルもない。一都民として心配である」というツイートを添付した。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請