競泳の日本選手権は予定通り東京五輪選考会として開催へ「強い要望があった」

瀬戸大也
瀬戸大也

 日本水連は25日、都内で臨時の常務理事会を開き、東京五輪選考会として行う予定だった競泳の日本選手権(2~7日、東京アクアティクスセンター)を当初の計画通り選考会として実施すると発表した。

 東京五輪は最大1年程度の延期となることが24日、正式に決まっているが、今大会を五輪選考会として行う。坂元要専務理事は「選手、指導者から強い要望があった」と説明した。

 新型コロナウイルスの感染拡大を踏まえ、日本選手権は当初4月1~8日の日程で行われる予定だったが、2~7日に短縮。東京五輪会場のために新設された約1万5000人収容の同会場で行われる初めての有料試合となるはずだったが、無観客試合となっていた。関係者の体調管理など、万全の対策を講じて開催するという。

 また、坂元専務理事によれば、今後の状況を踏まえて、感染拡大による外出禁止令などが出た場合は対応を改めるという。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請