桐生祥秀、五輪延期に「開催がいつになろうと僕自身の目標は変わらない」

桐生祥秀
桐生祥秀

 16年リオ五輪陸上男子400メートルリレー銀メダルの桐生祥秀(日本生命)が25日、マネジメント事務所を通じて東京五輪延期についてコメントを寄せた。

 桐生は先月から今月にかけて、オーストラリア合宿でシーズン入りへ調整。ただ、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、当地で今月20日に出場予定だった今季初戦がキャンセルになるなど、影響も受けた。「新型コロナウイルスによる厳しい状況が1日でも早くおさまり、皆さまにとっても、アスリートにとっても素晴らしい東京オリンピック・パラリンピックとなることを祈っています。開催がいつになろうと僕自身の目標は変わらないので、来るべきタイミングで最高のパフォーマンスを発揮し、皆さまに感動を届けられるよう、しっかり準備していきます」と前を向いていた。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請