【中日】ドラフト5位・岡林勇希、4打数無安打も強肩で3点目阻止「ファームで経験できないことをたくさん学べた」

1回、空振り三振に倒れた岡林勇希
1回、空振り三振に倒れた岡林勇希

 ◆練習試合 中日1―2巨人(25日・ナゴヤドーム)

 「2番・中堅」で出場した中日のドラフト5位・岡林勇希外野手(18)=菰野高=が、元投手の強肩を生かして3点目を阻止した。同点の9回2死満塁。巨人・小林の中前適時打を捕球し、捕手・加藤めがけてバックホーム。ワンバウンドでストライク返球し、二塁走者・北村を刺した。高校時代は二刀流。最速153キロの投手としても活躍した強肩を披露した岡林は「何とか走者をホームで刺すという気持ちでいった。練習でもいい球を放れてたので、試合でも同じようにできたのは良かった」と振り返った。

 打撃では4打数無安打と1軍レベルの投手の前に結果は出なかったが、「ファームでは経験できないことをたくさん学べた。投手の球のキレ、守備では打者の打球のノビ。色々学べたことが収穫」。26日にからは再び2軍に合流し、走攻守全てでレベルアップを目指す。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請