【日本ハム】斎藤佑樹、2軍戦登板で2回無失点…栗山監督「泥まみれになって今は野球をやる時」

西武との2軍戦(鎌ケ谷に登板した日本ハム・斎藤佑樹投手
西武との2軍戦(鎌ケ谷に登板した日本ハム・斎藤佑樹投手

◆2軍練習試合 日本ハム2―4西武(鎌ケ谷)

 日本ハムの斎藤佑樹投手(31)が25日、2軍練習試合・西武戦の6回から2番手で登板。栗山英樹監督(58)が視察に訪れた中、2回2安打無失点、2四球の投球を見せた。

 6回は先頭の呉に四球を許したが、熊代を中飛、柘植を三ゴロ併殺に仕留めた。7回は山田、山野辺に連打を浴びて無死一、二塁のピンチを背負ったが、鈴木の捕手前へのバントを郡が三塁封殺。次打者・高木の打席では、投球前に飛び出した二塁走者を落ち着いて挟殺でタッチアウトに仕留めた。高木には四球を与えて二死一、二塁とされたが、最後は佐藤を遊ゴロに打ち取った。

 試行錯誤を重ねる右腕に、栗山監督は「苦しんでいるな、というのは理解できる」とし、「佑樹には泥まみれになって今は野球をやる時なんだと伝えている。くしゃくしゃに、泥まみれになって野球を追い求める姿が大事だと思う。何か見つけられるはず」と期待した。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請