丹羽孝希、最大1年延期の五輪へ「いつ開催されたとしても日本代表として最高のパフォーマンスができるよう準備」

丹羽孝希
丹羽孝希

 東京五輪の1年程度の延期決定を受け、卓球男子で代表に内定している丹羽孝希(25)=スヴェンソン=が25日、公式サイトでコメントを発表した。16年リオ五輪団体銀メダルの丹羽は昨年、厳しい五輪代表選考レースを戦い抜き、2枠のシングルス代表をつかんだ。

 「突然のことで驚いていますが、オリンピックがいつ開催されたとしても日本代表として最高のパフォーマンスができるよう準備していきたいと思います。また、世界中の方々の健康と平穏な生活が戻るよう、1日でも早くこの状況が終息を迎えることを願っています。

 東京オリンピック開催準備に向け多くの方々がご尽力されてきたと思いますが、世界中のアスリートと一緒に戦うことができるオリンピック開催を祈り、自分に今できることを積み重ねて参ります」

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請