休園中のTDRから浦安市の小中学校修了式にミッキーマウスのお菓子プレゼント

TDRのチョコクランチが配布された浦安市立富岡小学校
TDRのチョコクランチが配布された浦安市立富岡小学校

 新型コロナウイルスの感染拡大の影響で長期休園となっている東京ディズニーリゾート(TDR、千葉・浦安市)を運営するオリエンタルランド(OLC)は25日、浦安市内の小中学校の修了式に合わせて、市教育委員会を通じてお菓子をプレゼントした。

 市内の全小中学校が対象で、小学校17校(児童数8947人)、中学校9校(生徒数3891人)に、約1万4000個のベイクドチョコレートクランチ(1600円相当)が寄贈され、各学級で修了式後に手渡された。

 浦安市では3月2日の午後から臨時休業、3月3日から休校となっており、修了式が23日ぶりの再会の場となった。富岡小学校4年1組の斎藤銀治くん(10)は「外に出られなくて退屈で、家でゲームばかりしてました。ブリオベッカ(浦安のサッカーチーム)の試合が中止になり残念です」と話すが、クラスメートと一緒にミッキーマウスが描かれたチョコを笑顔で受け取った。勝田秀樹校長(56)は「子どもたちの少しでも励みになれば。ありがたく感じています」と話した。

 OLCでは保護者に向けて「現状が一刻も早く改善され、希望に満ちた楽しい学校生活に戻りますことを心から願っております」との手紙をチョコに添えた。TDRは2月29日から、東京ディズニーランド(TDL)と東京ディズニーシー(TDS)を休園しており、再開の見通しが立っていない。

社会

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請