東北勢代表3校で4月26日に“センバツ代替試合”

 中止となった今春のセンバツ高校野球(甲子園)に出場が決まっていた仙台育英(宮城)、鶴岡東(山形)、磐城(福島)の東北勢3校が集まり、4月26日に練習試合を行うことが、24日までに分かった。場所は仙台市内で、各校保護者の観戦も予定しているが、新型コロナウイルスの感染拡大の状況により無観客となる可能性もある。

 仙台育英・須江航監督が12日に選手たちへ背番号を手渡した際、「選手たちの頑張りに応えてあげたい」と発案。各校と連絡を取り、開催にこぎつけた。試合予定日は現状では宮城、山形、福島の各県とも春季地区大会前で、日程的にも支障はない。選手たちはセンバツで予定だった背番号をつけてプレーする。中止の悔しさを少しでも晴らし、夏に向けて進む試合となりそうだ。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請