五輪聖火は福島県に保管へ

スポーツ報知
聖火リレーで使われるトーチ

 東京五輪組織委員会の森喜朗会長は、延期が決まった東京五輪に伴い、中止になった26日からの聖火リレーについて説明した。

 IOCのバッハ会長との電話会談後、「『聖火を福島県に置きましょう』と安倍さんからご提案を受けた。会談が終わって、話をして『福島においてあげたら』ということになりました」と明かした。

 武藤事務総長は、26日から予定していた福島J・ヴィレッジでのグランドスタートについて「当面の聖火リレーは白紙になった」と中止を説明した。森会長は「当面は聖火は福島に置くことになるでしょうが、来年はどうなるか分からない」と話した。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請