【阪神】ドラ6小川一平が2回無失点で“プロ初勝利” 地元・横浜スタジアムから「初めて笑顔で帰れます」

5回からの2イニングを1安打無失点に抑えた小川
5回からの2イニングを1安打無失点に抑えた小川

 ◆練習試合 DeNA―阪神(24日・横浜)

 阪神のドラフト6位・小川一平投手(22)=東海大九州=が5回から登板。プロでは最長の2イニングを1安打無失点に抑え、“初勝利”を挙げた。

 神奈川・逗子市出身の右腕。横浜スタジアムでの登板は、横須賀工3年時に出場した夏の神奈川大会以来5年ぶり。「その時とはまた雰囲気が違いましたし、(同じ球場でも)プロを相手にしてプロとしての実感がわきました」と凱旋を喜んだ。

 父親の影響で子供の頃は巨人ファン。横浜スタジアムでの巨人戦を家族で観戦に訪れていたというが、「いつも横浜が勝って、笑顔で帰ったことがなかった。(今日抑えたことで)初めて笑顔で帰れます」とうれしそうだった。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請