馬トク会員募集中!

馬トク指数・外厩入り馬トク出馬表・成績

全レース出馬表・データ・成績を提供中  福島 阪神 函館

早めに動きます(栗東)

 こんにちは、山本です。今日は久々に火曜日からの更新となりました。ではでは、行ってみましょうか♪

 さて、つい先日のこと。父の命日が近いこともあり、実家の大分県に戻ることがありました。新型コロナウイルスが話題になってからは初の帰省。色々なニュースを見ていましたが、正直驚きしかありませんでしたね。基本的に実家への帰省は新幹線がほとんどなんですが、こんなに人がまばらな新大阪駅は記憶にない。常に行列ができていた551蓬莱さんの前にも人がいないなんてね。

 当然、新幹線の中も人が少ない。ワタクシが乗っていた車両は6人ほどだったかな。で、車内では「来週から山陽新幹線の本数が減る」とのアナウンス。今回は往復の電車ともダイヤ通りに走っていたんですが、違和感だらけの帰省でした。そういえば、先週末に乗ったタクシーの運転手さんに話を聞くと、売り上げは例年の40%ほどだと…。生活していると、至るところでコロナの影響を感じてしまう日々。早く終わってほしい。

 ということで、このブログぐらいはいつも通りに、そろそろ本題へ。まずは3歳馬のお話を。

 松永幹厩舎で阪神での平場を圧勝した【ギルデッドミラー(牝、父オルファーヴル)】は桜花賞に登録はしますが、現時点では除外濃厚。その場合はアーリントンCを目指すようです。前走の勝ちっぷりは鮮やかでしたし、スムーズにさえ走れば、能力は重賞級でしょう。あと、友道厩舎からはゆきやなぎ賞で2勝目を挙げた【ヴァルコス(牡、父ノヴェリスト)】が青葉賞へ向かうとのことです。

 池江厩舎からは先週の中山で走った2頭について。フラワーCを勝った【アブレイズ(牝、父キズナ)】は12番人気の伏兵ながら、好位からねじ伏せるように重賞初制覇を飾りました。「前、前で競馬するのは予定通り。よく踏ん張ってくれましたね。スタートもいいし、掛からないですからね」とトレーナー。今後は桜花賞に登録するんですが、疲れの回復を見ながら、正式な出否を見極めたいとのことでした。

 あとはスプリングSで2着だった【ヴェルトライゼンデ(牡、父ドリームジャーニー)】です。「久々の分かなという感じですね。休み明けの分と、1800メートルは忙しいとジョッキーは言ってました」と池江調教師は冷静に振り返っていました。今後は予定通り、皐月賞を予定。この安定感、本番の皐月賞でも怖い感じがしますね。

 続いては2歳馬情報。本日は安田隆厩舎を取り上げたいと思います。まずは昨年のPOGで穴候補として取り上げましたユアソーラの半弟、【ドリームオン(牡、父キズナ、母ヴィリエルバクル)】。叔母に英G1馬のいる血統で、セレクト当歳セールで2600万円の値段がつきました。「ユアソーラより二回りほど大きいですね。ただ、ゆっくりと成長を促す感じだと思います」と安田隆調教師。速攻系と見込んでいた兄とはタイプが違うようですが、ここからの成長力にも期待したいところです。

 続いては【エリカシャンス(牝、父スクリーンヒーロー、母ビキニブロンド)】です。お母さんだけでなく、祖母でファンタジーS2着のモンローブロンドも安田隆厩舎で手がけてきました。

セレクト1歳セールで3000万円の値段がつきましたね。「短いところが合いそうですね。育成は順調に進んでいます」とのこと。個人的には祖母のモンローブロンドはPOG馬でお世話になりましたし、この血脈は好きなんですよ。

 お次は【ミステリーウェイ(牡、父ジャスタウェイ、母ジプシーハイウェイ)】です。姉に重賞戦線で活躍するアマルフィコーストがいます。「体がすごく立派な馬ですね。ガッチリしていて、短距離が合っていると思います」とこちらも姉と同じような路線で活躍を見込んでいました。

 最後は筋金入りの血統馬、【ギルティブラック(牡、父ディープインパクト、母インナーレルム)】ですね。こちらはロックオブジブラルタルが伯父にいて、日本の流れで言うと、マイルCSで2着のフィエロが近親にいますね。ちなみに、お姉さんは愛G1の勝ち馬です。「まだ薄い感じで、今は420キロぐらいです。もっと大きくなってほしいので、焦らずにじっくりいきたいと思います」と安田隆調教師は切り出しつつ、「バネのありそうな走りはしているんです」とのこと。当然、血の力にかける期待も大きいですし、また育成の進行具合を聞いてみたい存在です。

 ということで、今日はここまで。また、明日です。ではでは

競馬

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請