日テレ幹部、13年ぶり復活の篠原涼子主演「ハケンの品格」に期待「この作品へのリクエストが非常に多かった」

篠原涼子
篠原涼子

 日本テレビの小杉善信社長(66)の定例会見が23日、東京・汐留の同局で開かれた。

 2007年に放送され話題を呼んだ女優・篠原涼子(46)主演の「ハケンの品格」続編が水曜ドラマ枠(後10時)で放送されるなど、4月クールの新ドラマについて、編成担当の福田博之取締役は、「『ハケンの品格』は久々の編成になります。2007年に最初のシリーズ放送ですので、あの頃は派遣という言葉も新しかった。今は働き方改革、ハラスメントもある中、今の時流に乗った形のドラマになる。大人の女性の方々の支持をいただいている枠です」と期待を寄せた。

 13年ぶりの復活については「偶然なんです。過去の作品をもう一度という気持ちではなく、この作品へのリクエストが非常に多かった。新しいドラマのつもりで、新しい切り口でやってみたいと思ったんです」と明かした。

 「ハケンの品格」では、篠原演じる一匹おおかみの最強ハケン社員・大前春子が13年ぶりに復活。そのほか、「Sexy Zone」の中島健人(26)と「King&Prince」の平野紫耀(23)がダブル主演する「未満警察 ミッドナイトランナー」(土曜・後10時)、俳優・中村倫也(33)主演の「美食探偵 明智五郎」(日曜・後10時半)など話題作がズラリと並んだ。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請