東京五輪は延期へ加速 安倍首相も容認発言「完全な形で実施困難なら延期の判断も」

国立競技場前の五輪モニュメント
国立競技場前の五輪モニュメント

 新型コロナウイルスの感染拡大に揺れる東京五輪について、安倍晋三首相が23日、延期を容認する考えを明らかにした。国際オリンピック委員会(IOC)が22日の緊急理事会で延期の本格検討に入り、4週間をメドに結論を出す方針を固めたことを受け「完全な形での実施が困難な場合はアスリートを第一に考え、延期の判断も行わざるをえない」と述べた。首相が「延期」の可能性を明言したのは初めて。これまで「完全な形」での大会実施の方針を繰り返し、7月24日からの通常開催を開幕へ向けた準備を進める方向性を打ち出していた。

 通常開催にこだわってきたIOCも、延期を要望する圧力が世界中で強まる中で方針を転換。今後はIOCと五輪組織委、政府、東京都が一体となり、コロナ禍の見極めと同時に、日程変更による課題の洗い直しを急ピッチで進めることになりそうだ。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請