岡田晴恵さん、新型コロナ渦中のK―1開催に「政府が中止ということを言って、その分補償すべき」

東京・六本木のテレビ朝日本社
東京・六本木のテレビ朝日本社

 23日放送のテレビ朝日「羽鳥慎一モーニングショー」(月~金曜・前8時)では、新型コロナウイルスの感染拡大の影響により、国や埼玉県が開催自粛を求めていた格闘技イベント「K―1 WORLD GP 2020 JAPAN~K’FESTA.3~」が22日、さいたまスーパーアリーナ(さいたま市)で予定通り行われた件を特集した。

 感染症専門家として出演の白鴎大の岡田晴恵教授(57)は「例えば1000人以上(集まる)とか全国から人が集まるイベントは政府が中止ということを言って、その分、補償するということを強く打ち出すべきと思います」と話した上で「都市閉鎖などと言ったら莫大(ばくだい)な経済損失ですが、補償をすることで文化を守り、クラスター(集団感染)を防ぐことができる。専門家の先生たちも、もう少し強く(補償した上での中止を)言うべきではないでしょうか」と問題提起していた。

社会

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請