【ロッテ】先発・西野が5回1/3を4失点「感覚は悪くはなかった」

先発し、6回途中4失点で降板した西野
先発し、6回途中4失点で降板した西野

◆練習試合 ロッテ2―6ソフトバンク(22日・ペイペイD)

 ロッテの先発・西野勇士投手(29)が5回1/3を投げ6安打4失点。4回には栗原に右越えソロ、5回にはソフトバンクに新加入したバレンティンから左越え2ランを浴びたが、「感覚は悪くはなかった。自分が投げたいように投げようと思ってたので、それはできた」と前向きに捉えた。だが球数は92球。「5イニングちょっとで90くらい投げるのは多い。しんどかった」と課題も見つかった。

 20日に開幕していれば3戦目での登板となったが「(開幕していたら)本来はこのメンバーで来ないと思うし、まだ開幕という気持ちにはなれないかな」と本音も漏らしつつも「それでもアピールしないといけないのは分かっている。試せる期間が長くなったので、試せることは試していこうかなと思う」と新たな開幕へ向け調子を上げていく。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請