張本勲氏、死球で骨折のヤクルト嶋に「嶋には悪いけど、今の選手はデッドボール逃げるの下手」

右手に死球を受けた嶋
右手に死球を受けた嶋

 野球評論家の張本勲氏が22日放送のTBS系「サンデーモーニング」(日曜・前8時)に生出演した。

 スタジオでは、新型コロナウイルス感染症の拡大で開幕日が決まらないプロ野球の各球団の練習試合を伝えた。その中で、ヤクルトの嶋基宏捕手が21日の阪神戦(神宮)の4回に右手に死球を受けて途中交代。都内の病院で診察を受けた結果、右手親指部分を骨折していることが判明したことを伝えた。

 詳細な症状や全治までの見通しなどは明らかになっていないが、長期離脱は避けられないもようだ。張本氏はVTRを見て「嶋には悪いけど、下手だねぇ今の選手は。デッドボール逃げるの」と指摘した。

 その上で「だいたい、構えたら左の肩をキャッチャー方向に向けて背中で受けないとダメ。あれ逆にいっているから。大けがしますよ。顔にでもあたっていたら大変です」と解説し「あれを教える人が少ないんです」と指摘していた。

 この発言にゲストの中畑清氏は「ハリさんは逃げなくても良かったんです。当てるのが怖いからピッチャー当てないんです。怖いんだから、とにかく」と笑わせていた。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請