【巨人】中川皓太、1か月ぶり実戦「悪くなかった」

9回に登板した中川皓太
9回に登板した中川皓太

◆練習試合 巨人8―0DeNA(21日・東京ドーム)

 中川が万全な姿を見せた。9回2死一塁、最後は育成・デラロサを遊ゴロに打ち取った。「久しぶりの登板で少し緊張しました」と話したものの、1イニングを無失点で抑え、サンチェス、今村に続く0封リレーを完成させた。

 最後の実戦登板は2月22日の日本ハム戦(名護)だった。昨季は勝利の方程式の一角としてフル稼働し、リーグ優勝に大きく貢献。11月に行われた侍ジャパンの「プレミア12」にも参加した。「そんなに疲れていない感覚だった」と振り返るが、3月上旬には上半身の張りと疲労を考慮され、遠征には帯同せずG球場で独自調整を続けていた。

 登板が離れた分、体の状態をもう一度見直してベストな状態に持っていくことを日々心がけた。開幕が延期になったこともプラスに捉え「焦らなくてもいい状況になったけど、同じことにならないように。今よりさらに状態が落ちないように気をつけたい」と気を引き締めていた。

 昨季チーム最多の67試合に登板した鉄腕は、投手陣に不可欠な存在。「ストレートも変化球も自分のイメージよりも悪くなかった。細かい部分を修正して、しっかりと開幕を迎えたいなと思います」と背筋を伸ばした。

巨人

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請