【ヤクルト】嶋が右手死球で骨折 高津監督は「ちょっとショックだ」

4回1死、右手に死球を受けた嶋
4回1死、右手に死球を受けた嶋

◆練習試合 ヤクルト6―5阪神(21日・神宮)

 ヤクルトの嶋基宏捕手(35)が21日、阪神との練習試合で4回に右手に死球を受けて途中交代。都内の病院で診察を受けた結果、右手親指部分を骨折していることが判明した。詳しい症状や全治までの見通しなどは明らかになっていないが、長期離脱は避けられないもようだ。投手陣の立て直しへ、楽天から移籍したベテラン捕手の経験値に期待していた高津臣吾監督(51)は試合後、「ちょっとショックだね。本人が一番ショックだと思うけど」と顔を曇らせていた。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請