堂本光一、コロナ余波…「SHOCK」全公演を中止

KinKi Kids
KinKi Kids

 東宝は20日、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、KinKi Kids・堂本光一(41)の主演ミュージカル「Endless SHOCK」(東京・帝国劇場)の31日までの全公演を中止すると発表した。

 同公演は2月4日に開幕したが、同28日に3月10日までの公演中止を発表。中止期間の延長を経て、この日の夜公演から再開するとしていたが、19日夜の専門家会議を受け、この日の開演7時間前の午前11時に急きょ中止を発表。劇場に来ていた東北地方在住の女性ファンは「こういう状況なので仕方ないと思います」と冷静に受け止めていた。

 さらに政府の対策本部会合後の午後8時に全公演中止を発表した。東宝は二転三転した対応を謝罪し、「演出上の特性や海外招聘(しょうへい)キャストの本国帰還要請、また新型コロナウイルス感染症の現状も鑑(かんが)みて、今般の状況下では『Endless SHOCK』の目指す本来の表現ができない」と中止の理由を説明した。近隣の劇場街にある同社製作の「ホイッスル・ダウン・ザ・ウィンド~汚れなき瞳~」(日生劇場)、「リトル・ショップ・オブ・ホラーズ」(シアタークリエ)は予定通り再開された。

 全公演中止を受け、光一は「この度は楽しみにしていたファンの皆さま、沢山(たくさん)の混乱を与えてしまったと思います。私はエンタテイメントの力を信じています。今一度足元を見つめ、また走り出せるよう最大の努力をしていきたいと思っております」とコメントを寄せた。21日にフジテレビ系音楽特番「春は必ず来る」(後7時)で舞台のパフォーマンスを披露する予定で注目を集めそうだ。

 ◆コロナ騒動とSHOCKのこれまで

 ▼2月4日 東京・丸の内の帝国劇場で開幕

 ▼同28日 騒動を受け3月10日までの公演中止を発表

 ▼3月8日 中止期間を10日から15日へと延長

 ▼同12日 中止を19日まで延長すると発表

 ▼同18日 20日午後6時公演からの再開を発表

 ▼同20日 午前11時に再開中止を発表。午後8時に全公演中止を発表

KinKi Kids
すべての写真を見る 1枚

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請