【広島】大瀬良大地“敗戦投手”も幻の開幕戦にホッ…

1回の攻撃を無失点で抑え、笑顔でベンチへ戻る大瀬良大地
1回の攻撃を無失点で抑え、笑顔でベンチへ戻る大瀬良大地

◆練習試合 広島3―4中日(20日・マツダスタジアム)

 幻でよかった。広島の先発・大瀬良大地投手(28)が6回まで2安打無失点と完璧な投球を見せたが、7回につかまり4失点で“敗戦投手”になった。

 不運が重なった。同点に追いつかれた7回2死満塁、大島の打球はダイビング捕球を試みた中堅・西川の前にポトリ。続く高橋の一塁へのゴロも芝生と土の境目で大きくイレギュラーバウンドする適時内野安打になった。本来なら開幕戦の大歓声に包まれていたはずのエースは「昨年の開幕日を経験しているので、余計にあのときの感情と比べると難しさはあった。もう一個ギアが入らない」とモチベーションの維持に苦しんだ。

 宝刀のカットボールだけでなく、カーブを多く試すなど“練習”の側面が色濃いマウンドだった。「先に(試合を)やらせてもらっておけば、あとは微調整なので、より集中していける」と先が見えない現状を前向きに受け止めた。(坂口 愛澄)

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請