【DeNA】21日巨人戦「1番中堅」スタメン予定の梶谷「つかみにいくしかない」開幕スタメンへ強い意欲

梶谷隆幸
梶谷隆幸

 DeNAの梶谷隆幸外野手(31)が20日、開幕スタメンへ強い意欲を示した。

 本来だったら開幕戦が行われていたこの日。梶谷はハマスタでの全体練習に参加した。「その日やれることをしっかり準備していつ開幕してもいいようにするだけ」と状態を整えている。

 2017年には21発、21盗塁をマークするなど走攻守でチームを引っ張っていた。しかし、度重なるけがもありここ2年はいずれも41試合の出場にとどまっている。

 並々ならぬ覚悟で臨んでいる今季はキャンプ1軍スタート。オープン戦は13試合で打率3割4厘、1本塁打、4打点と数字を残している。「自分で描いていたものの中で、出来たもの、出来ないものが確認できた。いい方向には向かっている」と、一定の手応えはつかんだ。

 チームの中堅レギュラーは決まっていないのが現状だ。神里、桑原、乙坂らライバルは多いが「自分ができる準備をして、そこで結果を出してつかみにいくしかない。できることをやるしかない」と闘志を燃やしている。

 21日の練習試合・巨人戦(東京D)には「1番中堅」で出場予定。1番という打順には「役割はそれぞれ違うけど、一番いいのは塁に出ること。そこに重きを置いて自分らしさを出せるか」。背番号3が完全復活へバットでアピールしていく。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請