【ヤクルト】4番の村上が値千金の適時二塁打に納得「初球からいいスイングができました」

5回2死一塁、適時二塁打を放った村上宗隆
5回2死一塁、適時二塁打を放った村上宗隆

◆練習試合 ヤクルト―阪神(20日・神宮)

 ヤクルト・村上宗隆内野手(20)が貴重な適時二塁打を放った。

 「4番・三塁」で出場し、2点リードの5回2死一塁で迎えた3打席目。エドワーズの初球ストレートを強振すると、痛烈な打球は右中間を抜ける適時二塁打となった。再び3点差に広げる一打に「球の速い投手でしたが、初球からいいスイングができました」と振り返った。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請