海老蔵の長女・市川ぼたん、7月に異例の歌舞伎座デビュー 團十郎襲名興行で舞踊を披露

スポーツ報知
父の襲名披露興行に出演が決まった市川ぼたん(C)松竹

 歌舞伎俳優・市川海老蔵(42)の長女、堀越麗禾(れいか)こと日本舞踊「市川流」の4代目市川ぼたん(8)が、7月に歌舞伎座デビューを果たすことになった。男のみの歌舞伎界において、極めて異例のことだ。

 5月から行われる海老蔵改め13代目市川團十郎白猿、堀越勸玄改め8代目市川新之助襲名披露となる「七月大歌舞伎」への出演が決定したもの。7月は全3部制で第2部の舞踊「團十郎娘」に“近江のお兼”役で出演する。

 海老蔵は、昨年5月のぼたん襲名発表の席で「娘は本気で歌舞伎座の襲名披露に出たい気持ちを持っている」と明かしていたが、その夢が本当に実現する。「團十郎娘」に海老蔵は出演せず、市川右團次、中村獅童が共演する。

 3か月にわたる襲名披露の演目に関して19日に出演者が発表された。尾上菊五郎、松本白鸚、中村吉衛門、中村梅玉、中村芝翫、中村鴈治郎、松本幸四郎、市川猿之助、尾上松緑、尾上菊之助、中村勘九郎、中村七之助らが出演。6月夜の部「勧進帳」では弁慶を團十郎、義経を坂東玉三郎、富樫を片岡仁左衛門という配役だ。

芸能

×