【札幌】バセドウ病で休養の具聖潤、練習場を訪問「4月くらいに復帰できれば」

宮の沢の練習場を訪れた札幌GK具(中央)は、ペトロヴィッチ監督(右)と話す
宮の沢の練習場を訪れた札幌GK具(中央)は、ペトロヴィッチ監督(右)と話す

 甲状腺ホルモンの過剰分泌が原因の「バセドウ病」で休養している札幌GK具聖潤(25)が19日、宮の沢を訪れ、仲間と触れ合った。

 2月28日を最後にチームを離れ、投薬治療に努めてきた。18日に病院で検査を受け「2週間前は(甲状腺が)普通の人の4倍の数値だったが、今は少し高いくらいになった」と良化を確認した。再度投薬を続けて25日に再検査し、その結果を見て、今後の方向性を決める。具は「やっと疲れが取れた感じがするし、食欲もある。今は早くサッカーがしたい気持ち。4月くらいに復帰できれば」とプランを描いた。

サッカー

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請