20センチ超メバル入れ食い…岡山・宇野沖

良型メバルを手に矢部さんはにっこり
良型メバルを手に矢部さんはにっこり

 メバルは産卵から回復した良型が釣れ出し、その数も増加中だ。期待を胸に6日、岡山・宇野沖へ出掛けた。

 午後6時、玉野市後閑港を出船して牛ケ首島の「ハイセン鼻」へ。このポイントは10~15メートルほど先までシモリやハエ根が点在しているため、潮位が低いと直接船着けができない。この日も南側にある「タイワンの丘」寄りの砂浜へ降り、歩いてポイントへ向かった。潮は正面からの満ち潮が左右に分かれていい感じだ。

 早速、電気ウキメバリングの仕掛けをセット。ここは主に遠投ポイントなのでウキはブッ飛びの「超トビコン」を選択した。見ると、30メートルほど沖でピシャピシャとメバルが跳ねていた。「まだ明るいから釣れないかも」と思いつつ、40メートルほどキャスト。電気ウキが斜めになるくらいのスピードでリトリーブした。「そろそろ跳ねていた場所だ」。するとコンコン、グンと早くもヒット! 浮かせるために魚が走る方向へ竿を倒しながら寄せ、そのまま障害物の上を滑らせるように巻き上げた。引き抜いたのは20センチオーバーの良型だ。

 「まぐれか」と半信半疑で打ち返すと、またも同型をゲット。「よし、釣れる!」。キャストすると、フッとテンションが抜けたり、若干の重みを感じるバイトが多発。この時、即合わせをするとバレやすく、次がない。そこで巻くスピードを少し速めるとコンコン、グイーッと乗ることが多く、巻き合わせでフッキング。20センチ超の型ぞろいが入れ食いになり、夢中で釣り続けた。

 しかし、そんなお祭り騒ぎは引き潮の流れに転流(宇野港基準の潮汐表で満潮表示の約40分前)すると終了。20メートルほど沖を境に二枚潮となり、ヒットしても17センチ前後の小型ばかりだ。すでに良型は2ケタに達しているから20センチ以下はリリースした。

 しばらくすると、東側の丸山島との水道に当ててくる潮が発生した。「そこだ!」と15メートルほど移動してキャストすると、すぐに鮮明なアタリ。ギュンギュンと力強い引きで25センチを追加した。最終釣果は20~25センチを17尾。上出来だ。今後はイカナゴが回遊するのでますます期待も高まりそう。

 問い合わせは「三宅釣具渡船」(TEL0863・41・1078)へ。料金は場所によって異なり、今回は2500円。

(報知APG・矢部 卓)

ライフ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請