【DeNA】柴田、守備だけじゃないん弾 ソトいぬ間に開幕アピール「自分にはチャンス」

2回、同点2ランを放った柴田がナインとタッチを交わす
2回、同点2ランを放った柴田がナインとタッチを交わす

◆練習試合 DeNA2―6ロッテ(18日・横浜)

 チーム打撃の結果がアピールの一発となった。柴田の打球は無人の右翼席最前列で弾んだ。2回1死一塁。ロッテ・二木の直球を思い切り振り抜いた。「引っ張って一、三塁という状況をイメージしていた。いいスイングができました」。自らの狙いを超えていくアーチだった。

 元々守備は球界でもトップクラス。遊撃、二塁、三塁も守れ1軍には欠かせない。昨季終盤から課題の打撃が向上。入団から3年間は2割台前半だったが、昨季は2割5分6厘。オープン戦も2割5分8厘と一歩一歩前に進んでいる。

 一昨年オフから自主トレは筒香(レイズ)に弟子入り。5年目の26歳は、「今は間を常に意識している。相手投手の間合いに入らないように早めの準備を意識している」と、どこか“師匠”にコメントも似てきた。

 開幕二塁候補のソトが右手首の違和感で実戦5戦連続欠場中。軽症とみられるが、柴田は「チームとしては痛いが自分にはチャンス。アピールしていくしかない。打率、出塁率です」と、鼻息は荒い。ラミレス監督は開幕スタメンの可能性について、「そのオプションはある。ずっと状態がいい。シーズンで2割7分、5本塁打くらいの能力はある」と、更なる進化に期待を寄せていた。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請