全仏テニス秋開催で混乱…米国協会「このような決定は一方的に下されるべきではない」

 フランスのテニス連盟は17日、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、4大大会第2戦の全仏オープン(5月24日開幕)を、9月20日~10月4日に延期すると発表した。同国内で外出制限がかかる状況で「予定通りには実施できない」と表明した。ツアーは男子が4月26日まで、女子が5月2日まで中断中で再開時期は未定。全仏終了後の6月8日付の世界ランクで決定する東京五輪出場枠も影響を受ける。

 突然の発表に選手や関係者は困惑や反発の声を上げた。全米オープン(8月31日~9月13日)を主催する米国協会は「このような決定は一方的に下されるべきではない」と批判した。全米閉幕1週間後に、異なる特性のコートで戦うのはパフォーマンスに影響する(全仏はクレー、全米はハードコート)。また代替時期は女子の東レ・パンパシフィックOPなどが重複し調整が必要になる。週単位で世界中を転戦するツアーは、大きな課題に直面している。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請