東京五輪組織委の武藤事務総長、五輪の延期や中止論に「仮定の質問には答えない」

武藤敏郎事務総長
武藤敏郎事務総長

 東京五輪組織委は18日に都内で会見を行い、新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、五輪・パラリンピックの開催危機が取り沙汰されることについて、武藤敏郎事務総長は「仮定の質問に一つ一つ応えるのは適切ではない。中止・延期は想定していない。予定通り実行するので、そのような質問(への回答)は控えたい」とはねつけた。

 一部で報道された、五輪が中止になった場合に払い戻しはできないなどとするチケットの扱いに関する質問も出たが、「(払い戻しの規約の)案件がどのようなものかは機械的に解釈されるものではない。いろんな条件があって解釈されるものだ。実際のケースを抜きに、この件を考えるのは適切ではない。実際に起きたときに適切に判断していくことになる」と回答した。

 また、五輪本番での検疫の体制や準備を検討するかどうかの質問にも「そういうことの検討はまだこれから。そもそも、そういう状況があったときにどう考えるかになる。そういう状況を現在においては想定していない。各国が大変な努力をして(感染拡大の)抑え込みをして、五輪・パラリンピックが開催出来る状況を目指している。そういう仮定の質問に一つ一つ答えるのは適切ではない」と繰り返した。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請