【巨人】原監督、3軍フル視察…ドラ2太田は「まだ語るに足らず」

3軍の試合をネット裏から視察した原監督(カメラ・泉 貫太)
3軍の試合をネット裏から視察した原監督(カメラ・泉 貫太)

◆プロアマ交流戦 巨人3軍5─2日体大(17日・G球場)

 巨人の原辰徳監督(61)が17日、G球場で3軍対日体大戦をフル視察した。左肘痛から実戦復帰で3回無失点のメルセデスだけでなく全体をチェック。隣接する室内練習場で同時刻に行われた1軍練習を信頼するコーチ陣に全て任せ、若手情報をインプットした。

 3軍戦の正午の開始からネット裏の部屋で目を光らせた。1軍練習開始の午後1時半になっても視察を継続。JR東日本出身のドラフト2位・太田の投球も目に焼きつけた。対外試合デビューで2回無失点の右腕について「やっと投げられるようになったと。まだ語るに足らずでしょう。2月1日にあれぐらいの投球をしておくのが本来のところ」と話した。

 9回に登板して1回無失点の戸根については「かなり阿部監督に鍛えられているという情報は入っています」とし、試合終了まで見届けて帰宅。普段から「全員が戦力」と強調する原監督が、3軍戦で多くの収穫を得た。(片岡 優帆)

3軍の試合をネット裏から視察した原監督(カメラ・泉 貫太)
すべての写真を見る 1枚

巨人

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請