【ヤクルト】ドラ1奥川恭伸、4月実戦「いける」

キャッチボールで調整する奥川
キャッチボールで調整する奥川

 ヤクルトのドラフト1位、奥川恭伸投手(18)が17日、“4月デビュー”に意欲を示した。前日16日の育成会議後に高津監督が右腕について「来月のうちには実戦に入っていけるんじゃないかと思う」とコメント。その記事を見たという奥川は「焦っているわけではないですが、(4月初実戦は)いけそうな感じがします」とうなずいた。

 右肘の軽い炎症から順調に回復を遂げ、座った捕手への2度を含めて6度ブルペン入り。4月18日からの2軍の西武2連戦(戸田)での初登板が可能という声が球団内にはあり、右腕も「結果はどうなるか分からないですけど、そこからまた段階を踏んで。まずは投げないと分からないですし、経験していきたい」と意気込んだ。この日は2軍本拠地の戸田で、遠投などのメニューを消化。19日にもブルペン入りし、実戦に向けてステップアップしていく。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請