東出昌大、杏と1時間の話し合い「私の過ちから様々な幸せを奪った」「具体的なことは何も」

以前よりやせた印象の東出昌大
以前よりやせた印象の東出昌大

 俳優の東出昌大(32)が17日、都内でナビゲーターを務めるドキュメンタリー映画「三島由紀夫vs東大全共闘 50年目の真実」(20日公開、豊島圭介監督)の公開直前トークイベントに登壇した。1月に18年公開の映画「寝ても覚めても」で共演した女優の唐田えりか(22)との親密な関係が原因で、妻で女優の杏(33)と別居していることを報じられて以来、初の公の場。杏に直接謝罪したことを明かした。

 東出は黒のスーツ姿で登場。これまでイベントに参加する際、左手薬指に指輪をしないことが多かったが、この日も指輪はなかった。イベント後、報道陣の囲み取材に応じ「このたびはお仕事の皆さまに多大なるご迷惑をおかけし、申し訳ありませんでした」と第一声で仕事関係者に向かって頭を下げた。

 続けて、主演したテレビ朝日系連続ドラマ「ケイジとケンジ 所轄と地検の24時」のクランクアップした10日未明の後に共通の友人を交え、杏と1時間にわたって話し合いの場を設けたことを告白。「具体的なことは何も決まっておりません」と現状を説明し、杏に対して「『大変申し訳ないことをした。裏切ってしまい、申し訳ない』と伝えました。裏切りから一生消えない傷を負わせてしまった。私の過ちから様々な幸せを奪ってしまった」と話した。また、現在は弁護士の介入などはないとし、杏と2人で話し合いを続けていくと語った。

 東出の所属事務所は別居報道を受けてコメントを発表し「今回の記事に関して本人に確認いたしましたところ書かれている事柄はほぼ事実と判明しました」と説明。「これらのことは東出の愚かさ、未熟さ、責任感の欠如が引き起こした事柄だと思います。どのように非難されても弁解の余地はありません」とし、唐田との関係についても事実上認めていた。

 一方、杏は先月、文化庁主催のシンポジウムに参加。騒動について初言及し「ご迷惑をおかけしまして申し訳ありません」と謝罪。夫婦の今後については「ゆっくり考えたい」と話していた。

 同作は学生運動が激化する1969年5月13日、武装化していた東大全共闘ら1000人超の学生が集まる討論会に、作家・三島由紀夫が単身乗り込み、母校の後輩たちへ2時間半の熱弁をふるった記録映像をもとにしたドキュメンタリー。当時の息づかいが伝わるような高精細な映像に加え、関係者の証言も収められている。東出は「三島由紀夫の一ファンでした。お話を頂いて、心が躍りました」と、ナビゲーターのオファーに感激したことを明かした。

 同イベントは一般観客を招待し、トークイベント付試写会を予定していたが、新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、トークイベントのみ実施。会場には多くの報道陣が詰めかけた。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請