大橋未歩アナ、TBSアナが続々退社する理由は「帯番組が全部、夏目三久ちゃんとか外注だから」

大橋未歩アナウンサー
大橋未歩アナウンサー

 元テレビ東京でフリーの大橋未歩アナウンサー(41)がアシスタントとして17日放送のTOKYO MX「5時に夢中!」(月~金曜・後5時)に出演。自身が所属したテレ東ではなく、TBSの女子アナに早期退職者が相次ぐ理由を明かした。

 テレビ局に“お局”的な存在はいるかという話題になると、大橋アナは「お局というか、なんでTBSを辞めるかというと、帯(番組)が全部、外注(外部のフリーアナウンサー)なんですよ。朝が夏目三久ちゃん、夕方がホラン千秋ちゃん、夜が小川彩佳さん。『私たちに帯の仕事、回ってこないから』とテレビで一緒になったTBSの子たちが言ってました」と暴露。

 共演の作家・岩下尚史氏(58)に「あなたはなんで辞めたの?」と聞かれると、「とんでもないことを聞きますね」と戸惑いながら、苦笑。TBSなどが局アナでなく、フリーアナを使う理由について「なんでもおカネを払った方がいいものに見えるじゃないですか? (TBSは)費用があるから。テレビ東京はないから、帯も全部、局アナでやっていて良かった」と説明した。

 その上でテレ東について「雰囲気はめちゃくちゃ良かったですよ。人がいないから、全員レギュラー(番組)もらえて、格差がないから、仲がいいんですよ」と主張していた。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請