【巨人】坂本勇人初激白、コロナ余波で最年少2000安打「ちょっと厳しくなったかな」

通算2000安打へ、残り116安打に迫る坂本
通算2000安打へ、残り116安打に迫る坂本
坂本と榎本さんの記録
坂本と榎本さんの記録
通算2000安打の年少達成5傑
通算2000安打の年少達成5傑

 巨人の坂本勇人内野手(31)が16日、2000安打の最年少記録更新について「これはちょっと厳しくなったかな」と、初めて胸中を明かした。偉業達成へ残り116安打で迎える今季、1968年に榎本喜八(東京=現ロッテ)が打ち立てた「31歳7か月16日」を破る可能性もあったが、新型コロナウイルスの影響で開幕が延期。大記録への思いを封印し、リーグ連覇と日本一奪回に専念する。

 半世紀の時を超え、数々の大打者たちがこじ開けられなかった扉に、手は確実に届いていた。球史に名を残すそのチャンスは、新型コロナウイルス感染拡大という不測の事態によって遠のいた。それでも坂本は、淡々とした口調だった。

 「いつ開幕するかは分かりませんが、これ(最年少記録更新)はもう、ちょっと厳しくなったかな、と。でも、今年は元々の開幕が(例年と比べて)1週間くらい早かったから可能性がちょっとあっただけだし、そこまで意識していたものではないので、そこは全然気にしていません」

 現在の2000安打到達最年少記録は、68年に榎本喜八が打ち立てた「31歳7か月16日」。今年のレギュラーシーズンが当初の予定通り3月20日に開幕していれば、12月14日生まれの坂本は、99試合目で五輪中断前最終戦となる7月18日のDeNA戦までに116安打を打てば新記録だった。昨季は93試合目で116安打に到達していただけに十分狙えたが、開幕は4月10日以降に延期。少なくとも17試合分のマイナスがある。

 だが、新記録の達成が難しい状況になったことで、雑念や雑音から解き放たれるメリットは少なからずありそうだ。昨季はセ・リーグ記録を更新する開幕36試合連続出塁を達成した時のように、もともと周囲に左右されるようなレベルの選手ではないが、不要な重圧がなくなることに越したことはない。「チームが勝つために1試合1試合やるだけだし、そのために1本でも多くヒットを打ちたいという気持ちは変わらない」。開幕を心待ちにしているファンを喜ばせるためにも、前向きに戦う。

 オープン戦を終え、今後は練習や練習試合をこなしながら仕上げていく。今年は2度のインフルエンザや背中の違和感で思うようにペースが上がらなかった時期もあったが「調整が遅れたこともありましたが、そこはもうちゃんと取り戻せているし、全く問題ないです。いつ開幕してもいいように、ここからまたしっかり準備していきたい」と力強かった。(尾形 圭亮)

  • 2000安打最年少達成記録を持つ榎本喜八

    2000安打最年少達成記録を持つ榎本喜八

 ◆榎本喜八 1936年12月5日、東京都生まれ。早実から1955年にテストで毎日(現ロッテ)入り。開幕戦に「5番・一塁」で先発すると、その年は新人王。左打ちの安打製造機として2度の首位打者を獲得し、通算1000安打(24歳9か月)、同2000安打(31歳7か月)はともにNPB最年少記録。72年に西鉄(現西武)で現役引退。通算2314安打、打率2割9分8厘、246本塁打。12年に大腸がんで75歳で死去。16年にエキスパート部門で野球殿堂入りした。

通算2000安打へ、残り116安打に迫る坂本
坂本と榎本さんの記録
通算2000安打の年少達成5傑
2000安打最年少達成記録を持つ榎本喜八
すべての写真を見る 4枚

巨人

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請