【ヤクルト】ドラ1奥川恭伸、4月デビュー…高津監督「いい報告をもらった」

4月にも実戦デビューする奥川
4月にも実戦デビューする奥川
ドラフト1位選手のオープン戦成績
ドラフト1位選手のオープン戦成績

 ヤクルト・高津臣吾監督(51)は16日、都内で育成会議に出席し、若手選手の育成方針を確認。右肘の炎症が回復し、徐々にステップアップしているドラフト1位の奥川恭伸投手(18)を、「いい報告をもらったし、来月のうちには実戦に入っていけるんじゃないかと思う」と、4月デビューの見通しを初めて口にした。

 既に捕手を座らせた2度を含めて6度ブルペン入り。今月中に変化球を解禁するとみられ、球団の育成ガイドラインを順調にクリアしていけば、4月18日から2軍の西武2連戦(戸田)での初登板が可能という声が球団内で上がっている。これまでブルペン投球の視察はなし。「チャンスがあったら自分の目で見ておきたいのはあるね」と熱望した。

4月にも実戦デビューする奥川
ドラフト1位選手のオープン戦成績
すべての写真を見る 2枚

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請