宝塚月組トップスター・珠城りょうが来年2月に退団へ…丸13年で卒業

退団が発表された珠城りょう
退団が発表された珠城りょう

 宝塚歌劇団は16日、月組トップスター・珠城りょうが来年2月14日付で退団すると発表した。サヨナラ公演は「桜嵐記(おうらんき)」「Dream Chaser」(宝塚大劇場で2020年11月13日~12月14日、東京宝塚劇場で同年1~2月の予定)。

 珠城は2008年3月「ME AND MY GIRL」で初舞台を踏んだ第94期生。長身172センチのダイナミックな男役として早くから注目を集め、16年9月、龍真咲の後任として月組トップスターに就任。入団9年目でのトップ就任は、近年では月組・天海祐希の7年目に次ぐ史上2番目の早さだった。

 トップとしての代表作に、10代目トートを演じた「エリザベート」(18年)、日本初演作「I AM FROM AUSTRIA ―故郷(ふるさと)は甘き調べ―」など。入団から丸13年、トップ歴約4年半での早期退団となる。

 珠城は17日に大阪市内で退団会見を開く。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請