【BCリーグ】超異色! バドミントン部出身の150キロ右腕・杉浦健二郎 鈴木尚典監督「ひょっとする可能性はある」

今季からBCリーグに参戦する神奈川県民球団(神奈川フューチャードリームス)に入団した杉浦健二郎投手(中央)
今季からBCリーグに参戦する神奈川県民球団(神奈川フューチャードリームス)に入団した杉浦健二郎投手(中央)

 今季からBCリーグ神奈川の鈴木尚典監督(47)が15日、加入した異色の右腕・杉浦健二郎投手(21)について「とってもおもしろい人材。ひょっとする可能性はある」としてNPB入りへの期待を込めて育成していくことを語った。

 杉浦は「野球部」とは無縁の人生を送ってきた男。高校は神奈川県立麻溝台で、バドミントン部に所属していた。その後、中大に進学したが、ここでも野球部には所属していない。

 球団関係者によると「草野球しかやったことがないとのこと。これまでYouTubeなどでトレーニング法などをチェックして、我流で体を作ってきた」という。鈴木監督は「野球をやってきてないとは思えない、いい体をしている。150キロの球を投げられるし、身体能力が高いから楽しみ」と異色の経歴からNPB入りの可能性について期待を込めた。

 乾投手兼任コーチにとっても、育成面では期待がかかる。「これまでは草野球レベルなので、毎日ボールを手にしてない日々。今はとりあえず、毎日ボールを手にして練習するという、この日常に慣れてもらう期間。ゆっくり、じっくり、体作りからしていこう、と鈴木監督とも話をしている」とした。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請