平原康多、今年2度目のG3制覇…松山競輪「金亀杯争覇戦」決勝で快勝「踏ん張れて良かった」

平原康多
平原康多

 平原康多が、今年2度目のG3制覇―。松山競輪の開設70周年記念G3「金亀杯争覇戦」決勝は最終日の15日、準決勝を勝ち上がった9選手によって争われた。平原康多(37)=埼玉・87期=が、打鐘(残り1周半)過ぎ4番手から松浦悠士を一気に叩いてかまし先行。追走した諸橋愛を力強く振り切って快勝した。1月の大宮以来となる今年2度目で、通算22度目のG3制覇を果たした。諸橋が2着、3着には3番手で追いかけた松浦が流れ込んだ。平原の次回出走予定は、26日からの福井G2「ウィナーズカップ」。

 平原「先行できるようにいつも練習しているので、それがレースでも出せた。松浦君も根田君も強いので隙を突いていこうと考えていた。根田君にかまされてしまったら、チャンスはないと思ったし、自分で仕掛けていって、あとはどこまで粘れるかと。諸橋さんはいつもすごく仕事をしてくれるので心強い。自分では抜かれたと思っていたが、踏ん張れて良かった。次のウィナーズカップでも頑張ります」

ギャンブル

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請