NEWS加藤シゲアキが脚本家デビュー…関西ジャニーズJr.正門の初主演舞台「染、色」

舞台「染、色」の脚本を手掛ける加藤シゲアキ
舞台「染、色」の脚本を手掛ける加藤シゲアキ

 人気アイドル・NEWSの加藤シゲアキ(32)が、舞台「染、色」(6月4~21日=東京グローブ座、25~28日=大阪・エブノ泉の森ホール)で脚本家デビューすることが13日、分かった。自身の短編集「傘をもたない蟻たちは」(15年)の一編「染色」が原作。ジャニーズ初の作家として“二足のわらじ”で活動しているが、アイドルが脚本を手掛けるのはジャニーズ以外でも極めて異例となる。

 処女作「ピンクとグレー」(12年)は16年に映画化。「傘を―」も今作とは別の3編が16年にドラマ化(フジ系)された。著書の舞台化は今回が初めて。スタッフの提案もあって、脚本も手掛けることになった。

 NEWSは4日に新曲「STORY」を発売。新型コロナ感染拡大の影響で開幕が延期されたツアーの最終日は、舞台の大阪公演千秋楽と同じ6月28日だ。多忙を極める中、一度は断ることを考えたというが「ふと脳内に戯曲化された『染色』が広がりました。そしてその内容は原作とは少し違ったストーリー。原作者だからこそ、大胆に変更することが可能なのではないか」と新境地に乗り出した思いを明かした。タイトルに読点を加え、舞台ならでは作品として世に送り出す。

 美大生のリアルな日常と葛藤を描く青春物語。主演する関西ジャニーズJr.「Aぇ!group」の正門良規(23)は、NHK連続テレビ小説「スカーレット」で主人公の妹の夫・鮫島役として存在感を発揮し、初の舞台主演になる。

 演出は、先月28日に読売演劇大賞優秀演出家賞を受賞した瀬戸山美咲氏。加藤の主演舞台「グリーンマイル」(17年)の演出も手掛けていた。

 ◆ジャニーズの“二足のわらじ”

 ジャニーズでは、近藤真彦(55)が本業以外にレーシングチームの監督を務めているのは有名。また「少年隊」の錦織一清(54)は近年、舞台演出家を“専業”に活躍。King&Princeの高橋海人(20)は19年に少女漫画家デビュー。事務所初の国公立大生として注目されたJr.の村治将之助(22)は、芸名「杵屋勝四助」として長唄・唄方でデビューしている。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請