東出昌大が不倫騒動後初の公の場へ…17日、映画「三島由紀夫VS東大全共闘」イベントに登壇

不倫騒動後、初めて公の場に登場する東出昌大
不倫騒動後、初めて公の場に登場する東出昌大

 女優の唐田えりか(22)との不倫を発端に、妻で女優の杏(33)と別居中と報じられた俳優の東出昌大(32)が、騒動後初めて公の場に姿を見せることが13日、分かった。17日に都内で行われるドキュメンタリー映画「三島由紀夫VS東大全共闘 50年目の真実」(豊島圭介監督、20日公開)の公開直前トークイベントに登壇する。東出はナレーターを務めている。

 映画は、学生運動が盛んだった1969年5月13日、武装化する東大全共闘ら学生約1000人による討論会に作家・三島由紀夫が単身乗り込み、熱弁をふるった記録映像をもとにしたドキュメンタリー。大の読書家で、三島の絶筆「豊饒の海」の舞台版に主演した東出がナレーションを担当。当初は「ナビゲーター」と告知されていたが、公式サイトなどでは「ナレーター」に変わっている。

 東出は主演していたテレビ朝日系連続ドラマ「ケイジとケンジ 所轄と地検の24時」が12日に最終回を迎えた。9日深夜のクランクアップでは涙ながらに関係者に謝罪。ドラマの公式インスタグラムでは1月22日を最後に姿を見せていなかったが、12、13日と2日連続で“復活登場”した。

 大きな仕事が一段落ついたこともあり、今後は杏に対して自身の過ちをわび、夫婦関係の修復に向けて話し合いの場を設けたい意向。杏は先月18日、都内でイベントに出演した際、報道陣の取材に応対し今後について「ゆっくり考えたい」とコメントした。東出が肉声で一連の騒動について語るかどうかに注目が集まりそうだ。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請