【箱根への道】「駅伝に詳しすぎるアイドル」NGT48の西村菜那子が麗沢大・山川監督と対談「応援しています」

麗沢大の選手、山川達也監督(右奥)らと記念撮影する西村菜那子(前列中央=カメラ・関口 俊明)
麗沢大の選手、山川達也監督(右奥)らと記念撮影する西村菜那子(前列中央=カメラ・関口 俊明)

 「駅伝に詳しすぎるアイドル」ことNGT48の西村菜那子(22)が箱根駅伝予選会で2年連続次点の麗沢大の練習を直撃! 初の箱根路へ成長を続けるチームの山川達也監督(35)と“細かすぎる”駅伝話を繰り広げた。学生連合チーム監督就任の舞台裏や、次期エース候補のあれこれ…。注目チームは今後も目が離せない。(取材・構成=太田 涼)

 アイドルと箱根駅伝初出場を目指すチームの監督。異例の対談は、西村たっての希望で実現した。

 西村(以下、西)「テレビで『誕生日に生徒からコーヒーメーカーをもらった』って見た時に『すごいアットホームなチームなんだな』と思って、そこから調べるようになりました。山川監督が選手目線を大切にしているのが、陸上経験のない私にも伝わってきて。私もNGT48では、本来ならまとめないといけない立場だと思うので、陸上だけでなくチームという意味でもいろいろお聞きしたいです」

 山川(以下、山)「ありがたいですね。あの映像は本当に素の自分だったので…。何だか恥ずかしいです。やはり練習は厳しく、というところもあるので、互いに信頼がないと厳しく言えない。ずっと厳しいのは自分には無理。関係性を築きながら、を大事にしています」

 昨年の予選会では次点の11位。2年連続で悔し涙にくれた。10位との差は、歴代6位タイの僅差となる26秒。大学は本戦切符を逃したが、山川監督は今年の1月2、3日は2年連続で関東学生連合チームの監督として箱根路を熱く沸かせた。

 西「次点が続いているからこそ、応援したい気持ちもあって。でも、2年連続次点ということで、学生連合の監督を最初は迷ったとうかがったのですが、決め手になったことはありますか」

 山「まずは学生連合よりも、『また1年、もう一回力を注ぐのは長いな』と初めて感じたんです。そういう状況で、そこ(学生連合)まで頭が回らないというか。やっぱりウチの子たちも落ち込んでいたので」

 そんな時に“先輩”から声がかかった。

 山「本当に(学生連合監督就任は)やめようと思って、原監督(青学大・原晋監督)には『やめようと思います』と言ったんです。(中京)大学の先輩でもあって、よく気にかけてくださって。でも『また見える景色が変わってくるからやってみよう!』と。ただ、その言葉も当時はなかなか響かなくて、『原さんに言われたからやる』ではいけないと思ったんです。本当に決めないといけない時に、ある3年生の選手に『監督が悩んでいる気がします。ただ、個人としてはもう一回、箱根を見てきてほしいです』と言われて、やるしかないな、と腹をくくりました。これが一番大きかった」

 西「3年生だと来年もいる選手ですもんね。学生連合チームで(麗沢大の)宮田(僚)選手が走ったじゃないですか。その時の給水を渡す鬼頭(直己)選手に山川監督が声をかけているシーンがあって、『給水の人にも声かける監督がいるんだ。すごくいい人だなあ』と思いました」

 山「給水は50メートルしかないんですけど、4年間を思い出す時間になるのかなって。そういう意味でも、監督やってよかったと思っています」

 

麗沢大の選手、山川達也監督(右奥)らと記念撮影する西村菜那子(前列中央=カメラ・関口 俊明)
練習する麗沢大の選手たちをまねて笑顔でポーズをとる西村菜那子
山川達也監督に激励メッセージ入りの色紙を贈る西村菜那子
すべての写真を見る 3枚
1 2

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請