【巨人】捕手の岸田が三塁手で出場 2軍3軍紅白戦で新たな挑戦

巨人・岸田行倫
巨人・岸田行倫

 巨人の岸田行倫捕手(23)が12日、ジャイアンツ球場で12イニング制で行われた2軍対3軍の紅白戦で、三塁の守備についた。

 この日の2軍は育成選手の小山がスタメンマスクで岸田はベンチスタート。9回表の守備から三塁に入った。

 岸田は強肩強打の捕手で2月のキャンプは1軍に帯同。オープン戦でもスタメンマスクをかぶって期待されていたが、一塁に専念していた大城が再び捕手と兼任になったこともあり、キャンプ後に2軍に合流していた。

 2軍の教育リーグで阿部慎之助2軍監督が「4番・捕手」で起用するなど、守備力とともに打力も高評価されている。新たな挑戦となる三塁守備で出場機会の幅が広がりそうだ。

巨人

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請