金村義明氏、センバツ救済プラン「夏の優先出場」はやめたほうがいい

金村義明氏
金村義明氏

 19日に開幕予定だった第92回センバツ高校野球大会の臨時運営委員会が11日、大阪市の毎日新聞社で開かれ、新型コロナウイルス感染拡大を受けて、1942~46年の戦争による中断を除き、史上初めて中止になることが決まった。4日には無観客で開催する準備を進める方針を示していたが、主催者は選手の健康と安全を第一に考えて1週間で方針を転換した。スポーツ報知評論家の金村義明氏は夏の甲子園優先出場の救済プランに否定的な考えを明らかにした。

 * * *

 夢だった甲子園が幻となった選手のことを考えると、本当にかわいそうだ。センバツの歴史上なかったことだけに余計にショックは大きいだろうが、学校は休校し、安倍首相がイベントの自粛を呼びかけた直後では中止の決断は仕方ない。

 4日にいったん無観客の方針を打ち出したとき、なんとしても開催し、球児の夢をかなえてあげたいという高野連の思いが伝わってきて感動していた。昔の高野連だったら即座に中止にしていただろうし、それもやむをえないと思っていた。選手の気持ちを尊重し、開催への方向性を一度でも出したことは素晴らしいことだった。救われた選手も多かったと思う。

 今大会の出場校を、夏に優先的にという話もあるかもしれないが、それはしない方がいい。決まったことは仕方ないと潔く受け止め、「まだ夏がある」とか、たとえ夏も出場がかなわなかったとしても「野球は甲子園がすべてではない」と、前向きに立ち向かってほしい。(報徳学園で81年春夏出場して夏は優勝)

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請