日本棋院が依田九段と処分効力停止で和解「攻撃防御尽くすのは困難」

日本棋院・小林覚理事長
日本棋院・小林覚理事長

 日本棋院は11日、6か月の対局停止処分にしていた依田紀基九段(54)の処分効力を一時停止する和解が成立したと発表した。

 依田九段が処分効力停止を求める仮処分を申請した東京地裁から和解勧告があり、双方が受け入れた。棋院は「わずか3日間で反論を指示されるなど、手続の迅速性を重視する仮処分手続の性質上、やむを得ないものの、十分な攻撃防御を尽くすことは困難でした」とし、今後、処分無効を求めて依田九段が起こすとみられる本訴訟において「処分の是非を審理していただくことが公平であろう」との見解を示した。

 棋院は2月12日、依田九段が昨年6月からツイッターなどで小林覚理事長をはじめとする執行部への批判を展開したことがスポンサー撤退の原因になり、棋院に損害を与えたとして同日から8月11日まで対局停止処分とすると発表した。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請