孫正義氏、「簡易PCR検査100万人」計画「評判悪いから、やめようかなぁ」…ホリエモンも「やめた方がいいですね」

孫正義氏
孫正義氏

 ホリエモンこと実業家の堀江貴文氏(47)が11日、孫正義氏の「簡易PCR検査100万人分」無料提供プランについて「やめた方がいいですね」と自身のツイッター上で助言した。

 きっかけは孫会長の3年1か月ぶりツイッター投稿だった。10日夜に「久しぶりのツイートです」と2017年2月9日以来の発信であいさつすると、「新型コロナウイルスの状況を心配しています」と感染拡大が止まらない現状を憂慮。11日になってから「行動を開始します」と表明すると「新型コロナウイルスに不安のある方々に、簡易PCR検査の機会を無償で提供したい。まずは100万人分。申込方法等、これから準備」と具体案を示した。さらに「本日厚労省を訪問しました」と報告。「医療崩壊を起こさないよう連携しながらやっていきたい」とつづっていた。

 しかし孫氏のプランに対し、ネットは「医療崩壊を引き起こしかねない」と大炎上。孫氏は「検査したくても検査してもらえない人が多数いると聞いて発案したけど、評判悪いから、やめようかなぁ。。。」とつぶやくと、堀江氏は「やめた方がいいですね」と引用リツイートした。

 孫氏のプランには熊谷俊人千葉市長も、ユーザーからの質問に答える形で「意図が分からないので何とも言いようがありませんが、100万人に簡易PCR検査を提供する資金があるのであれば、新型コロナウイルスに対応している現場の医師を始めとする医療関係者にその資金を提供してみては、と思います」と発信していた。

社会

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請