センバツ中止 予約ゼロになった甲子園近隣の宿泊施設も「ムチャクチャやで」

センバツ中止の影響もあり予約が全てキャンセルになったという兵庫・西宮市の「ゲストハウス ANCHOR」
センバツ中止の影響もあり予約が全てキャンセルになったという兵庫・西宮市の「ゲストハウス ANCHOR」

 センバツの中止が11日、決定した。史上初の中止は甲子園がある兵庫・西宮市付近の宿泊施設にも、大きな打撃となっている。球場のすぐ横に位置する「甲子園ホテル夕立荘」では、4日に無観客での開催が濃厚になった時点で、観戦予定の宿泊客に電話で連絡をしたという。普段の大会期間中は毎日満室だが「キャンセルするという人が多かったです」と担当者。また今大会では国士舘(東京)の選手の受け入れも予定していたが、それも中止によってなくなってしまい「ここまで(新型コロナウイルスの感染が)広がるとは思っていなかったし、ここまではかつてない。違う形でお部屋を売れる形に持っていきたいのですが」と話した。

 球場から車で5分の距離にある「ゲストハウス ANCHOR」でも、大会期間中の予約が全てキャンセルになってしまったという。通常なら全国から100件近く予約が入り、臨時でパートを雇うほど連日満室になるそうだが「予約がゼロってこんなことほんまにあるねんなと思った」とオーナーの岡本聡市さん。ゲストハウスを開業して3年で初めてだといい、損失は100~150万円程度になるそうだ。例年ならそろそろ入ってくるはずの夏の甲子園に向けた予約も今年はまだ1件もなく「ムチャクチャやで。ほんまにひどい。日本ってこんなに変な国やったかな?」とキャンセルが相次ぐホテルなどに対し、有効な策を講じられていない政府に怒りをぶちまけた。

 隣接する尼崎市のホテルでも、ファンや大会関係者からのキャンセルが相次いでいる。駅に近いホテルではファンに加えて報道関係者からのキャンセルも続き、担当者は「こんなことは初めて。恐ろしい」とため息をついた。空いた部屋に泊まってもらうべく、金額も下げられるだけ下げ、これまでなかったデイユースプランも作ったというが「経営側も苦しい。人件費を削るぐらいしかない」と嘆いた。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請