囲碁の依田紀基九段が対局復帰へ 日本棋院と和解成立と報告

 囲碁の日本棋院に対して不適切発言をしたなどとして、棋院から6か月の対局停止処分を受けていた依田紀基九段(54)が11日、報道各社にファクスで対局復帰を報告した。

 処分効力停止を求める仮処分を申請した東京地裁から和解勧告があり、日本棋院が受け入れたことで和解が成立したとしている。今後、処分無効を求める本訴訟を起こして争う方針だ。

 棋院は2月12日、依田九段が昨年6月からツイッターなどで小林覚理事長をはじめとする執行部への批判を展開したことがスポンサー撤退の原因になり、棋院に損害を与えたとして同日から8月11日まで対局停止処分とすると発表した。

 それによると、依田九段は昨年6月、妻で当時常務理事だった原幸子理事を解職したことについてツイッターで執行部を批判。依田九段が前年度優勝者だった棋戦のスポンサーは、これらの状況を考慮して協賛からの撤退を判断したと主張している。

 依田九段は名人4期、碁聖6期などのタイトル経験を持ち、世界戦での実績も持つトップ棋士として知られる。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請