サンド伊達、東日本大震災から9年への思いをブログにつづる…「毎年、この日は改めて襟を正す1日になれば良いですね」

サンドウィッチマンの伊達(左)と富沢
サンドウィッチマンの伊達(左)と富沢

 お笑いコンビ・サンドウィッチマンの伊達みきおが10日夜、11日に東日本大震災から9年目を迎えることに「9年。そして10年目へ」と題したブログを更新した。

 サンドウィッチマンは震災の直後に「東北魂義援金」を設立するなど被災地復興へ奔走してきた。伊達はブログで「3月11日がまたやってきた。あの日から丸9年か。全国からのご支援やご協力、応援により、東北の沿岸は元気に絶賛復興中です!」とつづった。

 その上で「震災直後にボランティアで被災地に入って下さった方が、そのまま移住して新しい街作りに携わってくれたり、被災地に住む地元の方の人柄に惚れ、移住したり…そんな話をよく聞きます。沢山の人や建物、沢山の思い出を失った出来事でしたが、震災をきっかけに、様々な人生が新しく生まれてもいるんですね。9年経った被災地…ある地域では、今や被災地とは思えない程に整備がされ、震災前の町並みを忘れるくらい復活を遂げている所もあります。勿論、内情は色々とまだ問題があるでしょうけど」と記した。

 さらに「毎年、この時期に書いてますが…年月が経つにつれ、地域の格差が出てきており、復興のスピードやその町に対する期待感というのか、住んでる方々の『この町を元気にして全国からお客さんを呼ぶぞ!』という気持ちの格差が出てきている様な感じもします。震災後、仕方なく町を離れてしまった方が多い地域等は特に。故郷を建て直すには、やっぱり地元民の力強い意志や行動力がないと難しい」とした上で「今週の、フジテレビ『バイキング』の中で、坂上忍さんと我々が一緒に宮城県へロケに行ったVTRが流れています。こうゆうのが本当に有り難いです。こうして、東北の元気や笑顔、美味しいもの、そして感謝を伝えられる番組や企画はこれからも続いて欲しいです」と願った。

 続けて「先程、宮城県東松島市からNHK『クローズアップ現代』の生放送に出演させて頂きました。改めて、NHKさんの取材力の凄さには驚きました…。ご覧になって下さった方は色々と感じて頂けたと思います」とし「3月11日。9年にもなると、震災直後には防災グッズを購入したり、お水や食料を備蓄したり…そんな事も今ではすっかり忘れてしまってる方もいると思います。毎年、この日は改めて襟を正す1日になれば良いですね。では、東松島市から、気仙沼へ向かいます。11日は、震災から9年の気仙沼を色々と回ります。いつも東北の被災地を気に掛けて頂きありがとうございます」と思いを明かしていた。

芸能

×